債務整理の手続き

債務整理の手続きには、4つの種類があります。過払い請求・任意整理・民事再生・自己破産の4つで、これらの手続きをすることでその後の支払いや取り立てを弁護士に止めてもらうことが可能です。過払い請求は、本来は支払う必要がないのに支払い過ぎている過払い金を賃金業者に返還請求する手続きです。借金の支払いをするどころか、計算してみたら過払い金が戻ってくる可能性もあります。特に長年の返済を続けてきた場合に、過払い金が発生している傾向が高いようです。

任意整理任意整理は、今後の返済を楽にする手続きです。借金の減額や金利の引き直し交渉などによって毎月の返済金額を減らし、生活に支障のない範囲で返済できるようにします。過払い金の発生は、任意整理の結果によって判明することもあります。過払い金の請求額によっては、その後の支払いが不要になったり、返済額の減額につながります。

民事再生では、裁判所に借金返済が難しいことを認めてもらい、減額された金額を3~5年で分割返済する手続きです。裁判所が絡む点では自己破産とも共通していますが、民事再生の場合は住宅などの財産を手放す必要がありません。また、債務整理した後に特定の職業に就けなくなるなどの資格制限もないのが特徴です。一方、自己破産では裁判所に財産がなく支払い不能なことを認めてもらい、法的に借金の支払い義務を免除してもらう手続きです。住宅や車などの財産は手放す必要が出てくるものの、今後の収入には影響が出ません。戸籍や就職への支障も、心配ない手続きです。